{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

ぬけ 張り子面

6,050円

送料についてはこちら

ぬけ 張り子面 原材料:因州和紙(楮紙)【協力】大因州製紙協業組合(鳥取県鳥取市青谷町)/胡粉.絵具.膠 w.16cm x d.14cm x h.4cm 30g 箱サイズ:w.20.5cm x d.16cm x h6cm *濡れた手で触ったり水拭きしたりすると彩色が滲みますのでご注意ください。 *製品の性質上、直射日光や高温多湿は避けてください。 氏神さんの御祭礼の時、おみこしの前を麒麟獅子と猩々が清めて行きます。この前を『バレ榊』といって若者四人が激しく暴れ廻りながら榊をかついで行きます。押し倒す、投げるなど荒れ放題ですが、これも神事の一つなのです。あぶないから、黄色木綿の袋をかぶった大男が荒れ榊の通る道を拡げるのです。黄色の木綿袋に目と口だけ切り抜いてあり、眉は墨で書いたものです。『ぬけが来た』と云ったら、見物の人々は恐れて逃げたものです。 「柳屋」は鳥取県鳥取市にて1928年から2014年までの 86年間にわたり郷土玩具を作り続けた工房です。屋号は「柳に雪折れなし」という、ことわざに由来します。  初代 田中達之助は因幡地方の歴史や伝説を元に創作玩具を発表する一方、廃絶していた玩具の復元にも尽力し、妻 利子とともに研究と制作を重ねました。屋号を体現するような仕事は娘夫妻へと受け継がれ、張り子面や土鈴、木製人形など、50種類以上にも及ぶ多種多様な玩具が生み出されました。  2020年に始動した『YANAGIYA REPRODUCT』では新たな作り手たちが二代目 田中謹二・宮子夫妻にその手法を学び、柳屋の玩具制作に取り組んでいます。 詳細はこちら https://note.com/cocorostore/n/n460cdc2c0afb

セール中のアイテム