{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

鉄製フライパン(取手:樫 オイル仕上げ)*取手着脱タイプ

15,400円

送料についてはこちら

鉄製フライパン(取手:樫 オイル仕上げ)*取手着脱タイプ サイズ:直径(φ).27cm x 高さ.4cm フライパンの厚み t.2.3mm 重量:1300g 取手 : 着脱接合部 / 鉄製・ ハンドル / 樫(オイル仕上げ) 幅.5cm x 長さ.25cm【ハンドルの厚み】t.3cm 重量:220g *板厚2.3mmと厚い鉄板をプレス機にかけて均一に曲げています。厚い鉄板を選んでいるので熱ムラなく焼き上がり、保温性に富んでいます。お皿に盛り付ける事なくそのまま食卓に出せるのも嬉しい。 フライパン部分は " IH対応・オーブン対応・直火対応 " しています。 *取手は作り手の八島農具興業さんが農具屋ならではの提案で鉈(ナタ)の柄(ハンドル)を使いたいとおっしゃってくださいました。とても良いアイデアをいただき、八島さんらしさが伺える形になりました。選んだ鉈の柄の握りやすさはもちろん、長年の使用に耐える材料(樫:かし)です。 ◉鉄フライパンの基本使用について □使い終ったら、本体が温かいうちに、亀の子たわし・ヤシたわし・ササラなどで、洗剤を使わずにお湯で洗ってください。洗剤を使うと油膜を落とすことになります。洗浄後は火にかけて、水気を飛ばしてください。つけ置き洗いは厳禁です、サビの原因となります。 □使っていくうちに、徐々に油の膜が取れてサビ発生の原因になる場合があります。洗って乾燥させた後は、薄く油を塗って保管してください。油は毎回塗らなくても、時々気になった時に塗る程度で充分です。ただし長い間使わない時は油を塗っておいてください。 □汚れがひどい場合は洗剤で洗ってください。その場合は必ず火にかけて水気を飛ばしてから薄く油を塗ってください。 □焦げ付いた場合、金属製の固いもの(金タワシなど)でこすらないでください。お湯を入れて煮立たせ、焦げ付きを柔らかくしてからたわしでこすり落としてください。 □焦げ付きの主な原因は、調理前の予熱が不十分な場合や、油がフライパンに充分なじんでいないために起こる場合があります。 伯耆倉吉は、古来山陰地方の砂鉄を原料とした、玉鋼を使用した多くの名刀を生みました。この技術を受け継ぎ、近時は稲扱千刃などの生産を通じて、全国に倉吉の製品を提供いたしました。当社は、この伝統の鍛冶技術と設備、研究開発により、品質の高い製品を市場に供給させて頂いております。 八島農具興業株式会社 (鳥取県倉吉市)

セール中のアイテム