雪白磁 麒麟獅子 香合
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

雪白磁 麒麟獅子 香合

¥22,000 税込

送料についてはこちら

雪白磁 麒麟獅子 香合 重量/630g w.12cm x d.20cm x h.7.5cm *鼻筋に窯切れがありますが製品として問題はありません。 麒麟獅子 鳥取の因幡地方で行われる獅子舞では想像上の動物「麒麟(きりん)」を模した獅子頭を被ります金色の頭は面長で額には一本角が生えています。ねむり獅子の異名があるように目が閉じているのも特徴です。 浦富焼 因幡の名勝、浦富海岸の漁村田後から小栗にかけての山中より陶石を運び、乳母ヶ懐の山裾に窯を築き、出石の陶工を招いて国産奨励の政策の下、鳥取藩の助成を受けながら江戸の末期から明治維新により廃藩になるまでの十数年の間、染付の日用雑器が焼かれていました。 1971年3月、桐山城跡の浦富側山麓に登り窯を築き、江戸時代に用いられた同じ陶石を生地とし、白磁・染付・黒刷毛を主に現代生活に即した日用品、工芸品を制作。 再び、浦富の磁器が私たちの生活の中に生きて来ました。 鳥取県岩美郡岩美町浦富 初代(故)山下 硯夫(やました みつお)作